HOME -- スカルプチュアネイル -- デメリット

スカルプチュアネイル

デメリット

スカルプチュアネイル デメリット

スカルプチャーを施すことで得るものは言うまでもなく、ファッション的に可愛くなる事、周囲の目(特に男性の目)を引く事など、同じ女性の人からも羨望の眼差しで見られる事から自分に自身が持てる事など多々ありますが、当然の事のようにその事で不便な事、デメリットなども存在します。
スカルプチャーは爪を長くして色々なデザインのアートを施すのですから、当然、家事、指を使う作業、あるいはスーポーツなどを行うにはどうしても不便です。
また、職場によっては会社の規則などに反するなどのケースも考えられますね。特殊な職業を除いてはどうしても不利だという事は紛れもない事です。
最近ではかなり一般的になったスカルプチャーとはいえ、いまだに偏見の目がある事もまた事実です。
それから、2~3週間に1度の定期的なケアが必要で、爪を維持する費用が別途かかります。
メンテナンスを怠ると、爪にカビが生えるなどのトラブルを起こす場合もあります。
利用が広がるにつれ、このような健康に関わるトラブルの発生もみられ、国民生活センターは「つけ爪による危害-かぶれ、やけど、カビが生えることも-」として注意を呼びかけています。
揮発性発火性の高いアセトンの取り扱いに関わり、取扱者が怪我や気化したアセトンを吸入して気分が悪くなったりするなどのトラブルが報告されています。
自分の爪を傷め元の爪に戻すのに時間が掛かったりする事もありますので、スカルプを行う場合は慎重に充分考えた上で行ってください。



HOME | スカルプチュアネイル | ジェルネイル | カルジェルネイル | バイオジェルネイル | ネイルの知識
ネイルアートの種類 | サイトマップ