HOME -- スカルプチュアネイル

スカルプチュアネイル

スカルプチュアとは、付け爪の一種。人工爪です。
自爪の上に、アクリル樹脂などを直接盛り、爪の延長や補強を行う技術です。
スカルプチュアは、アクリルパウダーとアクリルリキッドを使って、自爪に延長して作り出す人工爪なのです。長さや形を好みに合わせ成型することができます。
また、スカルプチュアを作ったあとに、ネイルアートを施します。
スカルプチュアは、通常の付け爪よりも長持ちしますが、自爪がベースなので2週間に一度甘皮の処理などメンテナンスが必要です。
スカルプチュアでは、爪の先端の形にあわせてフォームを作り、このフォームにアクリルをのせて延ばしていくため、フォーム装着の良し悪しがスカルプチュアの形の良さの決め手となります。
特に、爪の裏側とフォームに隙間があると、そこにアクリルが入り込んであと始末が面倒になります。
アクリルが完全に乾く前に爪のカーブを調整し好みの幅や丸みをつけましょう。
ジェルネイルに比べて、材料が安価で強度が高く、水などにも強いです。
また、アセトンに溶けるため、除去はしやすいのも特徴です。
正しい手順で行えば、自分ではがすこともできます。

スカルプチュアネイル


HOME | スカルプチュアネイル | ジェルネイル | カルジェルネイル | バイオジェルネイル | ネイルの知識
ネイルアートの種類 | サイトマップ