HOME -- ジェルネイル -- デメリット<

ジェルネイル

デメリット

ジェルネイル デメリット

ジェルネイルのデメリットは、ジェルの特性である水飴状のため、扱いにくさが付きまといます。
また紫外線を当てるとき硬化熱が出るので、熱さを感じてしまいます。紫外線照射時間が絶妙さを要求します。
ジェルは柔軟性が高い分、硬さがないので爪を長くすることが出来ないのがデメリットになってしまうのですが、ジェルネイルには、ソフトジェルとハードジェルの2種類があって、爪を長くしたいのであればハードジェルで施術すればいいでしょう。
でも、ハードジェルをつけてしまうと、ジェルネイルのメリットである柔軟性がなくなってしまうので、ソフトジェルとハードジェルのどちらかを選ぶのは難しいところかもしれませんね。
また、ソフトジェルなら自爪を傷つけることなく装着することが出来るのですが、ハードジェルはソフトジェルほど付きがよくないので、爪の表面を少し傷つけて装着しなければいけないというデメリットがあります。
さて、ここで気になるのがジェルを固める紫外線についてです。
地上に降りてくる紫外線にはA波とB波があり、日焼け対象となる主な紫外線はB波です。
ジェルネイル照射に使われるのはA波と呼ばれるものです。このため、色が変るほどの変化はありません。
初心者でも扱いやすいものではありますが、なにぶんにもコツがいります。それを掴むことも含めて楽しみましょう。



HOME | スカルプチュアネイル | ジェルネイル | カルジェルネイル | バイオジェルネイル | ネイルの知識
ネイルアートの種類 | サイトマップ