HOME -- バイオジェルネイル -- デメリット

バイオジェルネイル

デメリット

バイオジェルネイル デメリット

バイオジェルのデメリットですが、強いて言えば、素材がやわらかく強度がないため、スカルプのように長さを出すことにはあまり向いていません。
1本だけ欠けてしまったので、長さをそろえたい場合や、3mm程度でしたら、長さを出しても良いかと思います。
長持ちさせるためには、自爪にフローターが一番良いのではないかと思います。
バイオジェルは爪へのダメージがあり、オフの料金が高く時間もかかるというのも難点ですね。
また、デメリットとしてはカビの心配があるということです。
人間というのは、爪が伸びてしまうものです。このバイオジェルを使用しているときも例外ではありません。
人工の爪との間に、爪が伸びることで隙間ができます。すると、雑菌や水分などが入ってしまうことがあるんです。
それが、カビの原因になります。
ですから、メンテナンスは、定期的に行いましょう。
しっかりとメンテナンスを行うことで、長持ちの威力も高めます。



HOME | スカルプチュアネイル | ジェルネイル | カルジェルネイル | バイオジェルネイル | ネイルの知識
ネイルアートの種類 | サイトマップ