HOME -- ネイルアートの種類

ネイルアートの種類

★フレンチネイル

フレンチネイル

フレンチネイルとは、ネイルアートの基本的なテクニックです。
フレンチネイルの基本は、ヌードカラー(半透明のネイル)を爪全体にコートし、ホワイトをフリーネイル部分(爪先)にコートし、2色のコントラストを楽しむデザインです。
上手にラインを引くためには、ヌードカラーが完全に乾いた後をテープでマスキングをしてから、ホワイトを塗ります。
ホワイトが半乾きくらいでテープをはがすのがコツです。爪と指の境目であるスマイルカーブの上に、ラインストーンなどを置いていってもかわいいですね。
長くのびた爪では、スクエア(爪のカーブが四角)が指をより長く見せます。短い爪では、ホワイト部分は面積が少ないですが、爪の部分に花などのアートをすると引き立ちますよ。
シンプルですが、上品で手が綺麗に見えます。
また、スカルプでフレンチを作るには高度な技術が必要になってくるので、値段が少々高めです。

★3Dアート

3Dアート

「3Dネイル」という言葉、聞いたことがある方も多いのでは?
お花やハートなどを立体的にアートするテクニックです。
ネイルアートの中でも上級テクニックの立体的なアート。ネイルサロンでは大人気のアートの種類の1つです。
この3Dネイルをマスターすると、ネイルアートの幅が一気に拡がります。
ただし3Dアートはちょっとした専門知識を身につけておく必要があります。

★グラデーション

グラデーション

爪先にかけてなだらかに色が濃くなる、グラデーションネイルアート。ラメで作ることもできます。一本一本色を変えてみてもかわいいですよね。
爪先がすっきり見えておしゃれなので、とても人気のあるネイルアートです。


★ホログラム

ホログラム

ホログラムとは簡単に説明すると、透明感のあるフィルム状のもので、光に当たると虹色に光って大変キレイです。
様々な形があり、よく目に付くのはハートではないでしょうか。星などもありますね。
ラインストーンをつけるとやや派手になってしまいますが、何かネイルアートをしたいという方にホログラムはオススメのアイテムになります。
上品な輝きがありますので、お仕事モードのときでもOKでしょう。


★エアーブラシ

エアーブラシ

アクリル絵の具を使用して筆で描くペイントアートのことです。
筆書きと同じような色を塗るという作業でも、エアブラシを使えば、筆書きでは表現できないほど、深みのある美しいネイルアートが完成します。



HOME | スカルプチュアネイル | ジェルネイル | カルジェルネイル | バイオジェルネイル | ネイルの知識
ネイルアートの種類 | サイトマップ